最新情報はメールマガジン、およびインスタグラムにて発信しています。よろしければメールマガジンのご登録、またはインスタでのフォローをお願いいたします。


☆ お知らせ ☆

『~身に着ける立体の絵画~ ショウ ヨリコ アートワイヤージュエリー展 2022』

【会期】2022年10月25日~30日 11:00~19:00(最終日は13:00まで)

【会場】「ギャラリー銀座」東京都中央区銀座2-13-12 1階
    ・東銀座駅 A7 出口から徒歩約2分、歌舞伎座から約3分
    ・銀座駅 A13(松屋)出口から徒歩約5分

入場無料 作品販売あり

ショウは毎日在廊の予定です。皆さまお誘いあわせの上ぜひご来場ください。

個展期間終了後、展示作品の一部をヤフーオークションにて出品予定です。
オークションの開始日程が決まり次第メルマガ、SNS、HPでお知らせしますので、各種フォローをお願いいたします。

オークション出品予定作品の一例(中央の水色の紐は帯締めです。出品作品には付属しません)


・ホビーショー2022に出展いたしました。

2022年4月27~29日 東京国際展示場(東京ビッグサイト)東展示棟 東4・5・6ホール 
沢山の皆様のご来場、ありがとうございました。

創ることは生きること ~ ショウヨリコのブログ 最新記事


アートワイヤージュエリーとは

「アートワイヤージュエリー」とは、ワイヤーを用いてペンチやヤットコで作るアクセサリーです。ワイヤーでアクセサリーを作る方は他にもたくさんいらっしゃいますが、ここでは、ショウヨリコが独学で習得してきたオリジナル技法による作品群を、「アートワイヤージュエリー」と呼んでおります。「AWJ(R) 」という略称で覚えていただければ幸いです。

独学で作っていると申しますと、たいていの方から「何がきっかけではじめたの?」とよく聞いていただきますが、きっかけはほんとに些細なことで、学生時代にお友達が身に着けていた、かわいらしいシンプルなリングを見て、いたく感動したのがきっかけでした。

はじめは思い付きから、1種類の太さのワイヤーとチープなビーズ1~3個だけのリングからはじまって、

たくさんの種類の太さのワイヤーと細かなビーズを使うようになりながら試行錯誤を続け、

そのうちにシリコンペーストと出会い、そこからまたワイヤーとシリコンの様々な組み合わせ方法について試行錯誤を重ねてきました。

「身に着ける立体の絵画」という、自ら打ち立てたコンセプトにふさわしいと心から思える技法にたどり着いたのが2019年。ワイヤーをいじり始めてから、ゆうに20年以上経ってのことでした。この技法を「シリカジュール」技法と呼ぶようになったのも、それからのことです。

「シリカジュール(R)」とは、「シリコン」と「ア・ジュール」を組み合わせた造語です。
シリコンとは、樹脂の中のシリコンゴムのこと。キッチンツールでもおなじみです。ガラスのような見た目ながら、水や衝撃に強くて軽いので、気軽に装着できます。

ア・ジュールとは、フランス語で「透かし模様入りの」を意味します。教会のステンドグラスのイメージです。

この造語は、アールヌーヴォー時代に花開いた宝飾品で有名な超絶技巧、「プリカジュール」にヒントを得ました。

プリカジュールとは、土台となる銅板に金属線の枠をのせて七宝の釉薬を流し込み、後に銅板を溶かし去ることにより、まさにステンドグラスのような効果を生み出す技法とのことですが、大変高度な技術力と根気を要す上に失敗率が高く、現在ではプリカジュール技法を再現できる職人はわずかで、その作品の多くは博物館入りしているようです。

出展 https://www.antique-jewelry.jp/antique_episode/jewelry-ej00271.html

プリカジュール技法による、ルネ・ラリックの作品
出典 https://rlalique.com/rene-lalique-anemones-brooch-4005

希少価値ではプリカジュール技法のものには遠く及ばないかもしれませんが、手軽に繊細な立体感を表現できる上、使いやすい軽さと丈夫さをもつ、AWJの「シリカジュール」技法は、身に着ける人、作る人共に、大きな喜びと感動をもたらすことができるとショウヨリコは信じ続け、多くの試行錯誤と失敗を乗り越えてきました。

アートワイヤージュエリー(AWJ)には、シリカジュール技法によるものだけではなく、ビーズを多用したリボンモチーフや、石留めの技法、革紐使いのものなど、様々あります。
 基本的には変色の心配のないステンレスワイヤーを中心に使用しています。
一般的なワイヤークラフトに使われる真鍮線やアルミワイヤーに比べるとなかなか固く扱いずらいものですが、使用価値と美しさを考えて、太めのものを枠に使用しています。

銀座などで10回を超える個展開催などの経験から、お客様目線に立った使用価値のある作品作りのコツも磨き上げてきました。約4半世紀にわたる試行錯誤の成果を、求める方にわかりやすくお伝えするべく、15年程の教室の経験を経て、動画配信型のEラーニングスクールを開校しています。


アートワイヤージュエリー プロフェッショナルスクールのご案内はこちら


ショウ ヨリコ
Sho Yoriko

・1996年頃より独学にてワイヤー細工のアクセサリーを作り始める
・2003年頃より教室開催
・2004年より銀座4丁目にて個展開催(計8回)
・2011年 日本橋高島屋「きらめくビーズの世界展」に主催側から依頼され出品(「ヴィクトリア」等)
・2011年「ボヘミアンワイヤーレース」制作、キット販売開始
・結婚・出産を経て、2015年、鎌倉小町通りにて個展開催
・2016年 生まれ故郷の日立市にて通算10回目となる個展を開催
・2017年「ボヘミアンアートワイヤージュエリー」教室開催
・2020年 「アートワイヤージュエリープロフェッショナルスクール」開校
 作品写真集「アートワイヤージュエリー」発行
 コスチュームジュエリーアワード2020にて、「大山桜」が特別奨励賞「大場よう子(日本宝飾クラフト学院院長)賞」受賞
・2021年 第45回日本ホビーショー出展(ホビーショーは中止となりました)
     ギャラリー銀座にて個展「ショウヨリコ アートワイヤージュエリー展」開催


アートワイヤージュエラー、ショウヨリコによる23年間の集大成となる作品写真集

「~身に着ける立体の絵画~
アートワイヤージュエリー」



持ち運びしやすいA5判、オールカラー100P。
過去20年以上にわたる作品の抜粋と、未発表の新作を満載しました。

プロのモデルや撮影スタッフによるロマンティックな装着例も豊富です。

奇しくも編集中にコロナウイルス流行が始まり、展示会を予定していたイベントが中止になる中で、「写真集=移動する展示会」という意識に変わり、観てくださる人に楽しんでいただきたいと、ぎりぎりまで新作制作と撮影を重ね、内容を充実させました。

自然のモチーフを独自の技法で表現したアートワイヤージュエリーの世界を、ぜひお楽しみください。


ご注文は、以下のご購入フォームから承ります。

お支払いは、クレジットカード払い(Visa/Master/JCB/AMEX/Diners/Discover)、ゆうちょ銀行へのお振込み(銀行振り込み、又は郵便振替)がご利用いただけます。お申込みいただきましたら、メールにてお支払いについての情報をご連絡いたします。
ご入金を確認いたしましたら、2平日以内に発送いたします。

~身に着ける立体の絵画~
ショウヨリコ作品写真集

定価 ¥2,500 (税込、送料込)
A5判 フルカラー100ページ

    携帯メールアドレスからお申し込みの際は、info@shoyoriko.comからのメールを受信できるように設定をお願いいたします。万が一メールが送信できない場合は、お葉書又は電話、FAXでご連絡いたします。

    MENU

    (c) All Rights reserved by AWJ 2020
    本サイトの写真や文章を無断で使用することを固くお断りいたします。

    PAGE TOP